匠の技の見える化で、農作業の効率化を実現する
かん水制御システム
「アグリスマート AI(Automated Irrigation System)
かん水プログラムや営農記録をクラウドで管理し、
圃場に設置したかん水制御システムを無線で操作。
「土壌水分センサーや気象センサーを組み合わせて、
かん水のタイミングも水分量も、プログラムは全てコンピューターに任せたい」
「自分で決めたプログラムでかん水したい」
ニーズに合わせた最適なかん水管理を行うことができます。
日照りに長雨・・・環境変化の激しい露地栽培にこそ、かん水は必要です。

システム接続イメージ

アグリスマートAI導入の流れ

  • 圃場にゲートウェイ、かん水制御機器(スマート君、かん水君)、各種センサーを設置して無線で接続。
  • PCやスマートフォンなどで営農記録サービスを設定。
  • プログラムに沿ってかん水システムが作動し、自動でかん水制御。
  • かん水プログラムの設定変更、圃場状況の確認など、月々の作業はクラウドで管理。

かん水プログラムをクラウドで管理できるアグリスマートAI。
ニーズや圃場の条件に合わせた機器で、思い通りのかん水を!

日本初!ソーラーパネル型かん水制御機器

かん水のタイミングも水分量も、
電磁弁の操作も全自動。
スマート君

土壌水分データから、かん水プログラムを自動で決定。最適な水分状態を保ちます。
電源不要で軽量、圃場内の移動も楽々。

  • 日照りや長雨など、環境変化の激しい露地栽培に最適。
  • クラウド型営農記録サービスでかん水プログラムの管理や圃場のモニタリング、営農記録の共有が可能。
  • 簡易気象観測ステーション(オプション)との接続で、作物の蒸発散量を計算して不足している水分を補う、より高精度のかん水管理も可能。

土壌水分センサーを使って、水量やタイミング(かん水プログラム)の作成と電磁弁(バルブ)操作を自動化したい。
スマート君+ゲートウェイ

高精度のかん水プログラムを作成、
バルブ操作もコンピューターにお任せ。
スマート君+ゲートウェイ+簡易気象観測ステーション

かん水プログラムは自分で設定、
電磁弁の操作を自動で。
かん水君

自分で決めたプログラムで、かん水制御。

  • 導入費用が安価。オプションで性能をカスタマイズ。センサー君、土壌水分センサー、簡易気象観測ステーションと接続すれば、気象データに基づくアルゴリズムでの自動かん水が可能。
  • クラウド型営農記録サービスの利用が可能※サービスのメニューはスマート君と異なります。
かん水プログラムは自分で決めて、バルブの操作を自動化。
かん水君+ゲートウェイ

土壌水分センサー情報でかん水プログラムを作成、
バルブ操作も自動化。
かん水君+ゲートウェイ+センサー君土壌水分センサー

高精度のかん水プログラムを作成、
バルブ操作もコンピューターにお任せ。
かん水君+ゲートウェイ+センサー君
+土壌水分センサー
簡易気象観測ステーション

クラウド型営農記録サービスでデータ管理

営農記録
作業情報の記録が簡単。共有可能なクラウド型。スマホを使えば、圃場写真のアップロード、散布した農薬や肥料の種類の登録がその場で完了。正確な作業情報を手間なしで記録できます。
ホーム画面
圃場の気温、土壌水分量、かん水プログラムを圃場写真とともに表示。ダイレクトかん水(緊急かん水)の操作が行えます。
稼働状況画面
ゲートウェイ、各種センサー、かん水システムなどの通信、電波、電圧状況を表示。
分析項目一覧
土壌、水分、葉面、養液、気象情報など、各種センサーの分析結果を表示(センサーはオプションです)。pH、ECなど20以上の項目から土壌や養液の状態を正確に把握して、土壌改善や栄養素の追加を行うことができます。

かん水プログラムを3つのモードから選択※機器によって選べるモードは異なります。

Cモード
(コンピューター)
クラウドのコンピュータ アグリスマートAIのアルゴリズムで決定。
Fモード
(ファーマーズ)
営農者が定めたかん水計画をクラウドに登録し、それに基づいて決定。
Dモード
(ダイレクト)
「Cモード」や「Fモード」にかかわらず営農者の判断で一時的にかん水を制御。

(非常時に人手でかん水装置の開閉を制御することができる「Mモード」もあります)

導入手順

導⼊の⽬的、現状の確認

• お客様のかん⽔⾃動化の⽬的、メリット、現状の課題、ニーズの把握。
• 圃場環境、栽培作物、施肥⽅法、既存システム(かん⽔実績、営農管理⽅法)などからシステム導⼊後の管理、運⽤体制を確認。

圃場確認(ユーティリティとインフラ)

• 設置される圃場の現地調査と確認作業。
動力系の電源設備を確認
 • AC100V、三相200V
通信系のインフラ
 • インターネット接続環境。モバイルWi-Fi可
 • ゲートウェイの電源
 • ゲートウェイにに接続する機器構成と圃場での配置
 • 既に無線装置がある場合は920MHzの衝突を回避
⽔源の確認(畑地かんがい用水、揚水(井戸水)、上水)
 • 取出し位置と能力の確認
 • かん水機器の種類(ドリップ、スプリンクラーなどを確認)
 • 液肥混入器などの施肥・かんがい装置の位置
 • 配管の種類と設置状況

システム基本設計と発注

• ⽔源から圃場までのかん⽔経路、装置の配置、かん⽔制御装置、電磁弁の配置、台数の決定。
• かん⽔制御⽅法を決め、接続するセンサーを選択。
• 全ての機器の接続系統と台数を確認。
• 必要な敷設および設置資材を決め、⼯事費の⾒積もり作成。
• センサー機器の納期(標準60⽇)を考慮し、設置⼯事の要員⼿配を確認し、設置⼯事⽇程を決定。機器の発注。

アグリスマート初期設定

• お客様情報に基づいたアグリスマートの初期設定。
• ゲートウェイ、かん⽔制御装置(スマート君、かん⽔君)の無線接続、ネットワークID
• かん⽔制御:圃場の広さ、かん⽔系の能⼒、かん⽔系マップ
• 営農記録:営農要員、農機具、肥料、農薬など資材、QRコード

設置⼯事と運⽤開始

• かん⽔系の設置⼯事、ゲートウェイ、センサー機器の設置⼯事。
• かん⽔系統の導⽔テスト、通信系の導通テスト。
• 契約者ID,パスワードでクラウドとの接続と導通テスト。
• ダッシュボード、営農記録の初期登録を確認して利⽤を開始。

サポートとメンテナンス

保守窓⼝

1次サポート:サンホープ
2次サポート:内容により製造元(アグリスマート社)

クラウドサービス

サービス時間:0:05から23:59 365日
(定期保守を除く、深夜5分間はシステム自動更新で停止)
計画停止:実施7日前までに、アグリスマート社の電子メールおよびホームページで通知。OSの更新、セキュリティ対策、バグ改修など非定期で更新。

かん⽔系統とかん⽔装置

かん水フィルター:1年保証、以降有償修理
その他の部品、装置:保証期間なし、有償修理

ゲートウェイ、センサーベース、スマート君、
かん⽔制御装置

設置後1年間無償保証。以降有償修理。センサーの中には、耐用年数が1~4年程度のものが含まれる。センサーの交換は有償。
※ 通信ネットワーク接続の障害が起きた時など、ゲートウェイの電源の再投入が必要となる場合はお客様で行っていただく場合があります。

クラウドサービスについて

クラウドサービス初期設定(必須)

税込価格:220,000円(税抜価格:200,000円)

最適無線ネットワーク設計、圃場情報、かん⽔系情報の初期設定など。
(920MHzの無線電波の輻輳を避けるようにチャンネル割り当てる。)
営農記録の圃場情報、農業機材・肥料・農薬・資材情報、QRコード情報の登録。
別途、圃場環境評価の出張良否が発生。

クラウドサービス⽉額利⽤料⾦(必須)

課金単位ごとに月額3,300円(税抜価格:3,000円)
1年契約:33,000円(税抜価格:30,000円)/年
2年契約:27,500円(税抜価格:25,000円)/年
3年契約:22,000円(税抜価格:20,000円)/年

かん水制御:ダッシュボード、コンピュータモード、ファーマーズモード
営農記録 :営農記録、QRコード記録、閲覧・検索、Excel出力
スマート君、かん水君の台数ごとに利用料が発生します。
センサー君のみ使用の場合、センサー君の台数ごとに利用料が発生します。
スマート君(or かん水君)とセンサー君を使用の場合は、スマート君(or かん水君)の台数ごとに利用料が発生します。
※圃場データをアグリスマート社と共有する「データ利用契約」の締結が発生。

保守サービス(オプション)

税込価格:220,000円(税抜価格:200,000円)/年から
初期設定項目の変更、構成機器の変更、ダッシュボード操作の相談など。

データ連携接続

別途見積
既に導入済の他のクラウドシステムとのAPIでの連携接続が可能。

トレーニングコース

税込価格:5,500円(税抜価格:5,000円)/人
基本機能概要、ダッシュボードの使い方、営農記録の使い方など。

コンサルティング

税込価格:110,000円(税抜価格:100,000円)/件から
圃場データの統計・分析・診断サービス、アグリスマートの応用コンサルティング。

カタログダウンロード